セキュリティ対策

セキュリティ対策への道のり

コンピュータを外部に接続して使用するからには、様々な危険性があると言う事を認識しておく必要があります。
特にコンピュータを扱い慣れていない方は、コンピュータウイルス、不正侵入、スパイウェア、迷惑メール、個人情報保護といったものに対して、セキュリティ対策を充分に行なう事が重要です。

注意しなければならないのは、ウイルスチェックだけでは検出されない危険性もあると言う事です。
人によってはセキュリティ対策ソフトを使用せず、ブロバイダー提供のウイルスチェックのみを気が向いた時に行なう、という方もいるようですがこれは非常に危険な事だと言わざるを得ません。

これではコンピュータウイルスを検出する事は出来ますが、他の危険性に晒される恐れが大きいからです。
重要なのは市販のセキュリティ対策ソフトを導入し、他の危険性に対するセキュリティを強化する事です。

但し、そのソフトは多ければいいと言うものでもありません。
複数のソフトが競合する事により、逆に処理の低下を招くなどの恐れがあるからです。それぞれの内容に応じたソフトを選択する事をお勧めします。

中には、1つ導入する事によりセキュリティ対策を総合的に行なってくれるソフトがあります。
この種類のソフトにはファイアウォールが付属しておりますので、OSに標準で付いているファイアウォールと競合しないようにするため、片方の設定を無効にしなければなりません。
セキュリティ対策ソフトを取り入れる際には、ワープロソフトや表計算ソフト、ブラウザやメーラーなどのセキュリティについても、機能や設定について理解を深めておく必要があります。

軽いアンチウイルスソフト関連情報